新顔野菜ナビ

まこもたけの料理方法と保存方法

こんにちは、「新顔野菜ナビ」管理人のケンジンです。

「まこもたけ」という野菜をご存知でしょうか?一見見るとさとうきびのような形にも見えるような野菜です。知っている人はさほどいないのではないかという野菜でもあります。

まこもたけというのはイネ科に属する多年草の野菜で水田にて培されている新顔野菜です。さとうきびと間違えるかのように茎が肥大化してできたものだと言われています。
特に根に近い部分の茎が肥大化するのです。それが柔らかいので食用として使われるようになったんです。生で食べてみると竹の子のような食感、甘みがあります。ところが竹の子より柔らかいしえぐみもないのでひそかに評判がある食材のようです。

食べ方は炒めて、塩コショウするだけでも十二分においしく頂くことができる野菜です。こんな風に皮を薄く向いて、食べやすい大きさに切り、炒める、蒸す、生、揚げるなど様々な調理法で調理することができる食材です。

まこもたけは食物繊維がとてもたっぷりと含まれていて、体内の老廃物を体外に排出する効能があるといわれています。また低カロリーのために美容にも適している食材です。

まこもたけの保存方法ですが、野菜室にビニール袋等に立てて保存するようにしてください。それでも2〜3日しか持たないので早めに食べた方がいいです。

こんな風に「まこもたけ」はさほど人には知られていない食材ですが、栄養価も高く美味しいために隠れて評判がある食材として知られている新顔野菜なんです。みなさんも是非試されてみてはいかがでしょうか。

⇒ まこも(1)

⇒ まこも(2)

⇒ まこも(3)

⇒ まこも(4)