新顔野菜ナビ

ズッキーニ、パプリカ、スナップエンドウ、ウルイ、アナスタシア

こんにちは、「新顔野菜ナビ」管理人のケンジンです。

新顔野菜には沢山の種類の野菜がありますが、ここでは果実を食べる新顔野菜の種類をご紹介してみたいと思われます。

【ズッキーニ】
見た目がちょっと太いキュウリ?と言うような感じですが、ズッキーニはカボチャの種類の野菜です。かすかな甘味と苦味があり、味自体にはあまりクセがないためになんの料理に使用しても合います。そして、カロリーが少ないために沢山食べても平気です。
栄養価はビタミンK、カロテン、カリウムなどが多分に含まれています。

【パプリカ】
ご存知の方は多いかと思われます。色がついたピーマンのような見た目です。カラーバリエーションは赤、黄、オレンジ、白、緑、茶、黒と全部で7種類あるみたいですが、我々がよく目にするのは赤、黄、オレンジの3色位だと思われます。栄養価が大変高く、ビタミンCはピーマンの倍、カロテンもピーマンの8倍は含まれています。

【スナップエンドウ】
さやまでたべることができるエンドウ豆です。アメリカ産の緑黄色野菜です。肉厚で、風味と甘味を楽しむことができるでしょう。
栄養価はカロテン、グルタミン酸、ビタミンCが含まれています。

【ウルイ】
山菜の新顔野菜です。味や香りにクセが殆どないため生でも加熱してもおいしくいただくことができるでしょう。特徴というと独特のぬめりがあるということです。

【アナスタシア】
ロシアで開発されたフルーツピーマンと呼ばれる新顔野菜です。
栄養価が大変高く、ピーマンの何倍にもおよぶビタミンCやポリフェノールが含まれています。