新顔野菜ナビ

さらさらレッド、ヤーコン、ホワイトセロリ、山わさび

こんにちは、「新顔野菜ナビ」管理人のケンジンです。

新顔野菜には色々な野菜がありますが、葉物や果実などもあります。ここでは根や茎を食べることができる新顔野菜をご紹介してみたいと思われますので参考にしてみてください。
【さらさらレッド】
新種のたまねぎで栗山町から2006年に出荷された新顔野菜です。
普通のたまねぎよりケルセチン、アントシアニンなどの機能性物質が3倍くらい含まれていて栄養価は抜群に高いです。
味はたまねぎの辛味が強く感じられるような味になっています。
【ヤーコン】
新顔野菜とは言っているものの、もとはアンデス地方原産の野菜で、インカ帝国時代から食べられている野菜のようです。
食物繊維が多分に含まれていて、美容にもいいといわれています。そのまま使用するとアクが強いので食べるのは困難ですが、切った後水にさらすことでアクが抜け、生でも食べることができる野菜です。
【ホワイトセロリ】
セロリの独特の香りやクセが苦手な人にとってもこのホワイトセロリは香りやクセが少ないために食べられる人が多いです。
普通のセロリよりビタミンCを多分に含んでいて繊維質まで柔らかくできているため、まるごといただくことができるでしょう。
【山わさび】
名前は日本のものみたいですが、本来はレフォール、ホースラディッシュと呼ばれている西洋わさびです。普通のわさびより味がまろやかなのであんなつんと鼻につく辛味が苦手の方にはいいと思われます。そして、変色しやすいために食べるすぐ前にすりおろして使うことをおすすめするのです。