新顔野菜ナビ

アーティチョークのレシピ

こんにちは、「新顔野菜ナビ」管理人のケンジンです。

アーティチョークという新顔野菜がありますが、日本ではチョウセンアザミという名前で呼ばれているキク科の多年草になります。野菜として食べられるアーティチョークというのは、花が開花するすぐ前の蕾を収穫したものを使用しています。食べるとソラマメのようなほくほくとした風味があるような味わいを楽しめます。

ただし、アーティチョークはアクが強いので必ず下茹でをしてから水にさらしたものを調理するようにすることが重要となります。食べ方としては葉っぱの中身を食べるような感じなんですが、切って中身を出すというよりは、葉を一枚一枚手ではがし、歯でしごくような感じで中身を出し食べるといった食べ方がいいと思われます。
そして、乾燥しやすい野菜なので保管する際はサランラップをして冷蔵庫で保存するようにしてください。

以下にアーティチョークの調理例をご紹介してみたいと思われます。

【冷製アーティチョーク】
1.アーティチョークの葉先を切り落とするのです。
2.茎の部分を根元から切り取り、花芯の上と下の部分に輪切りにしたレモンをくっつけそれを糸でしばって固定させます。
3.お湯を沸騰させ、レモン汁、塩をいれてアーティチョークを入れ中火で10〜15分ほど茹でます。
4.茹で上がったならば冷やするのです。
5.冷めたならば糸をほどいて、レモンをはずし、アーティチョークのなかにある小花をくりぬきそれを飾りにするのです。
6.アーティチョークを皿に盛って、ビネグレットというソースをかけてでき上がりです。