新顔野菜ナビ

エンダイブの保存方法とレシピ

こんにちは、「新顔野菜ナビ」管理人のケンジンです。

エンダイブとは昔からある野菜のひとつで、エジプトでは数千年前から栽培されていた野菜のようです。またその後ギリシャやイギリスでも栽培されるようになった野菜です。

栽培のされ方によって品種は異なるみたいですが、エンダイブは大きく分けて縮葉種と広葉種という種類があるみたいです。日本でおもに出回っているエンダイブは縮葉種の方で、見た目が一見京菜に見間違えるような感じの野菜です。京菜のような茎が沢山集まって丸くなっていて、レタスのような形に見える場合もあります。

食感はシャキシャキとして歯ごたえがあり、味はちょっと苦味があるような感じです。エンダイブを育てている人に注意ですが、育ちすぎると葉っぱに苦味が増してしまうので食用には不向きになります。

スーパーなどで選ぶときですが、葉先が細かく縮れているもの、色が鮮やかな緑色のもの、切り口がみずみずしいものなどを選ぶようにしてはいかがでしょうか。

保存する際ですが、湿らせた新聞紙にエンダイブを包み、それをポリ袋などビニール袋に入れます。その状態で冷蔵庫に立てるようにして保管するようにして下さい。
さほど日持ちはしないので、できる限り早く食べるようにしてください。

食べ方は、サラダにするなど生で食べることをお勧めするのです。ただし、葉先は固いし苦味が特に強い部分なので、その部分は食べないようにするといいと思われます。
苦味が気になる方は、レモン汁などをかけて食べてみてください。苦味が和らぎます。