新顔野菜ナビ

カイランのレシピ

こんにちは、「新顔野菜ナビ」管理人のケンジンです。

カイランと言う野菜をご存知でしょうか。
カイランは別名タマナシキャベツ、英名がチャイニーズケールと呼ばれているようにキャベツの一種としての新顔野菜になります。

ケールと言う言葉が出てきましたが、これは今のキャベツのように結球されていないキャベツの事を指しています。
キャベツの原型は今みたいに結球されていないものだったようで、今みたいに葉が結球しているキャベツになったのは12〜13世紀頃だといわれています。
このキャベツの原型を品種改良したものが、ケールといわれていて、更につぼみ部分を改良してブロッコリーやカリフラワーを作り出したと言うことなんです。

カイランの生産元はここからが作り出された品種なのではないかとも、レバノンにあるキャベツの花がカイランに似ていることからキャベツがレバノンに渡りそこから中国に渡り改良されたのではないかともいわれています。

中国南部ではキャベツやブロッコリーなどの野菜が使われるようになったのは近頃のことらしく、それまでは生産していたカイランがよく食べられていたようなんです。

では、カイランはどうやって食べるのでしょうか?
食べられる部分は花、葉、茎の殆ど全てが食べられますが茎に関しては開花すぐ前か、少し花が開いた位の時期の茎がいいようなんです。
調理法としては肉やキノコ類との炒めものや、魚介類との煮物等に適しています。
生で食べると苦さや青臭さがあって食べにくいので、軽く火を通していただくようにすることをおすすめするのです。
茎が太い場合は茹でたあとに皮を向いて食べるようにしてください。味わいがブロッコリーに似ていることからブロッコリーの代用としても使える上に栄養価も高いのでぜひ使ってみてください。