新顔野菜ナビ

コウサイタイのレシピ

こんにちは、「新顔野菜ナビ」管理人のケンジンです。

コウサイタイという新顔野菜をご存知でしょうか。
コウサイタイは中国の唐の時代から栽培されている野菜で、特に湖北省、湖南省で栽培されているケースが多いようです。また涼しい気候を好む野菜で暑さには弱いので暑い場所では育ちにくい野菜です。
コウサイタイの肉質は柔らかくて繊維質が少ないです。また甘みがあり、独特の香りもあるので好き嫌いがでると思います。
そして、火を通すことにより色が緑色に変わるのも特徴的です。

コウサイタイの食べ方としては、炒め物、おひたし、サラダなどクセやアクがないので何にでもあわせることができます。
中国の北京、四川などで使われる料理ではつぼみが重宝がられています。

以下にコウサイタイを使った料理のレシピをご紹介してみたいと思われます。

【コウサイタイとお餅の炒め物】
○材料(4人分)○
 コウサイタイ :200グラム
 ピーマン(赤):2個
 しいたけ   :10個〜12個
 お餅     :200グラム(できれば長いトックみたいなお餅)

 <調味料>
 塩      :少々
 酒      :大さじ1
 スープ    :50cc
 しょう油   :大さじ1
 ごま油    :適量

○作り方○
1.コウサイタイを食べやすい長さに切ります。この時茎の部分と葉の部分は別々にしておく。

2.しいたけは石突を取ってから、1センチ位の幅に均などに切る。

3.ピーマンを細切りに切ります。

4.フライパンを熱し、ごま油と塩を入れて、コウサイタイの茎の部分を初めに炒めます。いくらか炒めたならばコウサイタイの葉の部分と、ピーマンを炒めます。

5.一度、コウサイタイとピーマンを皿に取り出し、再度ごま油を入れてからしいたけをいためます。残りの調味料と餅を加えて、お餅が柔らかくなるまでふたをして煮込みます。

6.コウサイタイとピーマンをフライパンに戻し、しょう油を入れて一混ぜしてでき上がりです。
味が薄いようなら、塩やごま油を加えてみてください。